HONDA/ホンダ ダンク

ホンダのダンク、イメージ画像

HONDA/ホンダ ダンクの買取について

最終更新:2015-08-28

スタイリッシュなちょいのり原付スクーターとして2014年2月に発売された「ホンダ Dunk(ダンク)」。通勤通学用だけどおしゃれに乗りたい!という若者の心をつかみ、すでに人気車種です。車体にモールを施すなど個性的なデザインが人気の秘訣なだけあって、見た目がよければ、高値で買い取ります。バイク買取センターでの平均買取価格は、8〜10万円。最高値は13万円です!

デザインで人気を博しているので、カスタム車の需要は少なく、ノーマル車を探している方が多いので、ノーマル車で程度が良ければ高値がつきやすいです。

原付スクーターの中では、新米の「ダンク」ですが、同系統の車種が他社にも見受けられ、高値の買取価格を維持する期間は意外と短いかもしれません。 発売間もない今だからこそ、低走行、美麗なうちに売却をご決断ください!!

HONDA/ホンダ ダンクの買取状況

※表はスワイプすると右側も見られます。
(1)バイク買取の平均的な額、
  平均的な価格帯
8〜10万円
(2)高値になるポイント、
  プラス査定のポイント
傷、色褪せがないとかなり有利
(3)買取実績の最高額 13万円
(4)ノーマル/カスタムで、
  買取価格に影響するポイント
ノーマル車のほうがより高値
(5)事故車、不動車の買取実績 事故車も不動車も買取実績あり
(6)バイク買取センターは、ここが違う! 部品も自社で調達できるので、多少の破損も問題なく、買取額への影響はほとんどありません。
(7)バイク買取センターから、
  ひとことアドバイス
他社で同系統の原付バイクがあり、よく比較されます。
それでも人気の車種なので、相場は高めですが、ガクンと落ちる可能性も否定できません。
お早めの決断を!!
上記は最終更新日時点の状況です。

HONDAの人気原付 Dunk/ダンクとは

2014年2月に発売された「ホンダ Dunk(ダンク)」は、スタイリッシュな見た目だけでなく、力強い出力特性や環境性能に優れた新開発エンジンを搭載した新しい原付スクーターです。「駅までちょっと」の通勤・通学での利用でも、おしゃれに乗りこなしたいという若者心理を徹底的に研究して、デザインや使い勝手にこだわって開発されました。

非常にシンプルなデザインながら、ボディのサイドにモールを施すなど、なかなか斬新なデザイン。手軽に上質な移動を楽しむ「プレミアムスニーカー」というコンセプトの基に開発されました。エンジンは、水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccの「esp」を搭載。アイドリングストップ・システムなど、環境性能も高い原付スクーターです。

カラーバリエーションは、6色。いずれも上質な原付スクーターのイメージにぴったりな色合いです。