HONDA/ホンダ ジョルノ

ホンダのジョルノ、イメージ画像

HONDA/ホンダ ジョルノの買取について

最終更新:2015-07-28

バイク買取センターの自社販売で人気があり、需要も多い原付バイク「ホンダ ジョルノ」は、入荷→販売のサイクルが非常に短いため、在庫コストがかからないことから、高額買取をお約束できます。

通常買取価格は、2ストローク車は5千円からで、4ストローク車は、7〜8万円。

もちろん、年式に関わらず低走行車は人気ですし、外装がキレイならなお一層高価買取への道が開けます!

気になる買取実績の最高額は、2ストローク車が1万円、4ストローク車が10万円です。女性人気の高い車種なので、カスタム車は敬遠されがち。ノーマル車であれば高値がつきやすくなります。

事故車、不動車でも買取OK!!

環境に優しい4ストロークのほうが高値が付きやすいですが、特に、かっこいい系の「スポルト」やカラーリングが高級仕様の「デラックス」や「スペシャル」といった、上級モデルは、さらにプラス査定が可能です。「ホンダジョルノ」は原付の中でも比較的新しい車種ではありますが、他社からも同系列の車種が続々登場しているので、買取価格の変動が気になるところ。

バイク未経験な女性には優しい装備が満載で人気の原付「ジョルノ」を探しているお客様は大勢いらっしゃいます。

迷わずに、売却の決断はお早めに。

HONDAの人気原付 GIORNO/ジョルノとは

「おしゃれなメットインスクーター」をキャッチフレーズに「ホンダジョルノ」が発売されたのは、1992年。ふっくらとした優しい曲線を描いたボディラインとどこかクラシカルな雰囲気が女性に大人気でした。外見だけでなく、メンテナンスフリーの小型バッテリーやスタンド掛けを考慮したリア・グリップ、寒冷時の始動がラクなオートチョーク機構の採用なども、女性人気に拍車を掛けました。1999年には、「クリーン・エコノミー・サイレント・タフ」をキーワードに、それまでの水冷・2ストロークから4ストロークエンジンを搭載した「ホンダジョルノ クレア」が登場。また、同年には、低燃費と粘り強い出力特性がウリのスーパーカブの4ストロークエンジンを搭載し、ギアミッション操作が楽しめる原付として「ホンダ ジョルカブ」が発売されました。2011年にはブレーキ操作がラクなHonda独自の「コンビブレーキ」が装備され、2012年には、「スポーティでかっこいい」にイメチェンした「ジョルノ・スポルト」も登場。現在カラーリングは6色で、小豆ブラウン・秋桜ピンク・生成アイボリー・漆黒ブラック・桃の花ピンク・紺碧ブルー、といった呼び名がついています。