HONDA/ホンダ ズーマー

ホンダのズーマー、イメージ画像

HONDA/ホンダ ズーマーの買取について

最終更新:2015-05-28

バイク買取センターで扱う50ccの中でも、特に人気の高いホンダのズーマー。
買取額が高い原付車種の一つです。

2001年の発売以来、数回展開されたスペシャルカラーなどの限定車も高価買取が可能。カスタム人気も高い車種のため、買取専門店では評価の低いカスタム車もばっちり査定に反映されます。しっかりしたカスタムであればノーマル車より高値がつくことも。

もちろん事故車の買取もお受けします。

高価買取のポイントとして、「可動車」であることが重要。おしゃれなネイキッドタイプであるがゆえ、車両状態の影響を受けやすい車種です。不動車はガレージ保管であっても、評価が低めになることもあるくらい。「あれ?今月何回乗ったっけ?」なんてことになる前に、早めの売却をオススメします。

平均的な買取価格は10万円前後ですが、バイク買取センターでの買取は高め。買取実績では、最高額15万円をマークしたこともあります!ついさっきまで走り回ってたような程度のほうが、プラス査定になります。乗らなくなる前のタイミングでの売却を決断するのが高値の決め手です。

あなたのズーマーを待っている未来のオーナーのためにも、いい状態での買取査定を受けませんか?

HONDAの人気原付 ZOOMER/ズーマーとは

2001年6月に販売開始した「ZOOMER(ズーマー)」。
キャッチコピーは『遊び心にあふれた50ccネイキッドスクーター』でした。
低燃費で排出ガスのクリーン化や静粛性など、時代のニーズを反映した環境性能に優れた水冷・4ストローク50ccエンジンを搭載。個性を重視する若者感覚を意識し、ネイキッドスタイルや極太タイヤ、デュアルヘッドライトを採用した斬新なデザインのスクーターとして一世を風靡しました。
フレームにモジュールアルミフレームとスチール製パイプを組み合わせるという個性的なスタイルも実現。盗難抑止に、メインスイッチ部のシャッター機能を採用するほか、シート下にUロック収納スペースを設けるなど、高いセキュリティ性も注目されました。
発売当時の車体色は、シャイニーオレンジ、クラシカルホワイト、ブラックがスタンダードカラー。その後、フェアリーオレンジ、シャスタホワイト、カムフラージュグリーンR、ブラックの4色に落ち着きますが、スペシャルカラーの限定車も何度か発売されています。
2011年には、発売10周年を記念して「ZOOMER 10th Anniversary」を受注期間限定で発売しました。