SUZUKI/スズキ バーグマン400 ABS

スズキのバーグマン400 ABS、イメージ画像

SUZUKI/スズキ バーグマン400 ABSの買取について

最終更新:2020-11-24

ラグジュアリースクーターの名にふさわしいエレガントさが印象的な「バーグマン400ABS」。
平均買取価格は35万円前後ですが、低走行車で外装がキレイなままなら、高値が付くこともあり、最高買取価格の実績は46万円となっています。ETC付であれば、プラス査定の可能性もアップしますが、ノーマルのまま乗る方が多い車種なので、オプションパーツ程度は問題ありませんが、カスタム車よりはノーマル車が好まれます。
事故車や不動車の買取実績はいずれもありませんが、程度によっては値がつくことがありますので、ご相談ください。弊社は直販のため、中間マージンがカットできる分、査定額に還元いたします。
比較的新しい車種なので、中古車がほとんど市場になく、探している方は多くいらっしゃるため、相場は高め。乗らなくなったな、と感じたら、ぜひご売却をご検討ください。

SUZUKI/スズキ バーグマン400 ABSの買取状況

※表はスワイプすると右側も見られます。
(1)バイク買取の平均的な額、
  平均的な価格帯
35万円前後
(2)高値になるポイント、
  プラス査定のポイント
低走行、外装がキレイ、ETC付なら高値が付くことも
(3)買取の最高額 46万円
(4)ノーマル/カスタムで、
  買取価格に影響するポイント
ノーマルで乗る方が多い車種なので、オプションパーツが付いている以外はカスタム車よりノーマル車がベター
(5)事故車、不動車の買取実績 事故車・不動車ともに買取実績なし
(6)バイク買取センターは、ここが違う! 直販なので、中間マージンをカットできる分、査定額に還元
(7)バイク買取センターから、
  ひとことアドバイス
手放すオーナーが少なく、中古がほとんど市場にないため、相場が高い現状。ご売却をお考えなら、早めの決断がおすすめ
上記は最終更新日時点の状況です。

SUZUKI/スズキ バーグマン400 ABSとは

1998年10月、スズキ初のビッグスクーターとして発売した「スカイウェイブ400」をフルモデルチェンジする際に、海外市場向けに売っていたものと同じ名称に変更し、2017年8月に「バーグマン400 ABS」が誕生しました。エレガントなスタイリングと快適性はそのままに、充実した収納能力と動力性能を兼ね備えたラグジュアリースクーターです。俊敏な走りを連想させ、スポーティで軽快な印象を与えるスリムな車体に、ポジションランプが一体となった左右独立型2灯式LEDヘッドライトを搭載したフロントノーズが印象的なデザイン。低中速トルクが向上したDOHCエンジンを搭載し、早いスロットルレスポンスと力強い加速を実現しました。また、ボディの軽量化により、操縦性を向上させながらも、シート下の42L大容量収納も確保。それでいて、タンデム走行でも余裕を感じさせる走りを提供してくれます。カラーは「マットブラックメタリックNo.2」と「パールグレッシャーホワイト」の2色。2018年にはマットステラブルーメタリックが加わり、3色展開となりました。