SUZUKI/スズキ ジクサー250

スズキのジクサー250、イメージ画像

SUZUKI/スズキ ジクサー250の買取について

最終更新:2021-12-6

スズキが新たに開発した油冷単気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツバイク「ジクサー250」。平均買取価格は、30~35万円ですが、低走行で、キズなし、サビなし、さらにETC付などは、高値が付くことがあり、買取最高額は40万円の実績があります。
ノーマルのまま乗る方が多いので、ノーマル車であるほうが好ましいですが、ノーマルパーツを保管してのカスタム車であれば、プラス査定の可能性は高まります。
事故車・不動車ともに買取実績はありませんが、状態にもよりますので、一度ご相談ください。弊社は直販なので、中間マージンをいただきません。その分査定額に還元しておりますので、安心してご売却ください。
「ジクサー250」は、まだほとんど中古市場に出回っていないので、相場は高めです。相場が下がり始める前にご売却のご決断をおすすめします。

SUZUKI/スズキ ジクサー250の買取状況

※表はスワイプすると右側も見られます。
(1)バイク買取の平均的な額、
  平均的な価格帯
30~35万円
(2)高値になるポイント、
  プラス査定のポイント
低走行、キズなし、サビなし、ETC付など
(3)買取の最高額 40万円
(4)ノーマル/カスタムで、
  買取価格に影響するポイント
ノーマルのほうがベターだが、ノーマルパーツ有のカスタムであればプラス査定の可能性大
(5)事故車、不動車の買取実績 事故車・不動車ともに買取実績なし
(6)バイク買取センターは、ここが違う! 直販なので、中間マージンカットできる分査定額に還元
(7)バイク買取センターから、
  ひとことアドバイス
まだ中古市場にほとんど出ていない車種なので、相場高めの今がチャンス!
上記は最終更新日時点の状況です。

SUZUKI/スズキ ジクサー250とは

2019年にインド向けに発売したネイキッドスポーツバイク「ジクサー250」の国内販売は2020年6月。スズキのスポーツバイクといえば油冷式が定番でしたが、最新技術を取り入れた新しいオイル冷却システム・SOCS(Suzuki Oil Cooling System)を搭載しています。従来の噴射式と違い、エンジンの燃焼室周りにオイルジャケットと呼ばれる冷却回路を作り、そこにオイルを通すことで冷却する方式で、冷却効果が大幅に向上しています。さらに、今回新たに開発された単気筒・SOHC・4バルブのエンジンは、高出力でありながら軽量化に成功し、低回転域では粘りのあるトルク感、中高回転域では気持ちの良い加速感を実現しました。また、ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムや渋滞などの無風状態での放熱を助ける電動冷却ファンを装備したオイルクーラーなどを採用し、快適なライディングを提供してくれます。デザインは、グラマラスでエッジの効いた曲線、重心低めのシルエットと抑揚感のある外観が特徴です。2021年のマイナーチェンジで、カラーは「トリトンブルーメタリック」と「マットブラックメタリックNo.2」の2色展開となりました。