YAMAHA/ヤマハ トリシティ125・トリシティ125 ABS

ヤマハのトリシティ125・トリシティ125 ABS、イメージ画像

YAMAHA/ヤマハ トリシティ125・トリシティ125 ABSの買取について

最終更新:2016-01-25

斬新なフロント二輪の新しいバイク「トリシティ125」「トリシティ125 ABS」。平均買取価格16〜17万、最高買取額22万円と、主に定価の半額以上の価格で買い取らせていただいています。
もちろん、低走行車であり、見ためがキレイであることは条件です。ロングスクリーンやグリップヒーター、リアボックスなどのオプション付きの場合はさらにプラス査定の可能性も。
不動車であっても、値段が付くことが多いので迷わずご相談ください。事故車も実績はありませんが、程度によっては買取り可能な場合もありますので査定を受けていただくことをおすすめします。
注目度が高いうちに、売却をお考えください。お電話お待ちしています。

YAMAHA/ヤマハ トリシティ125・トリシティ125 ABSの買取状況

※表はスワイプすると右側も見られます。
(1)バイク買取の平均的な額、
  平均的な価格帯
16〜17万円
(2)高値になるポイント、
  プラス査定のポイント
低走行で美麗が有利。ロングスクリーンやグリップヒーター、リアボックスなどのオプション付きはプラス査定対象
(3)買取実績の最高額 22万円
(4)ノーマル/カスタムで、
  買取価格に影響するポイント
ノーマル車がベスト
(5)事故車、不動車の買取実績 事故車は実績ないが、不動車は実績もあり、値段が付く可能性大。
(6)バイク買取センターは、ここが違う! 人気の原付2種の中でも、フロント二輪のバイクは目新しくて需要あり。
(7)バイク買取センターから、
  ひとことアドバイス
注目度が高いうちに、売却をおすすめします!
上記は最終更新日時点の状況です。

YAMAHAの人気原付 TRICITY 125/トリシティ125・トリシティ125 ABSとは

元AKB48の大島優子さんをCMキャラクターとして起用し、2014年9月に発売されたフロント二輪の新しいバイク「TRICITY(トリシティ) 125」。翌年、ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「TRICITY 125 ABS」も発売されました。第一印象では、フロント二輪のインパクトから大きくて扱いにくそうと思われがちでしたが、車幅は他の原付2種とほとんど変わらず、むしろフロント二輪であることで、走破性が高いと証明されました。また、2輪のサスペンションでショックを吸収するので、悪路でも安定。クイックに曲がることもでき、高速コーナーでの旋回性も良好です。その上、燃費に貢献するエンジンYMJET-FIを搭載し、排出ガス低減を図る三元触媒も採用。環境にも配慮した原付2種スクーターでもあります。